からくりがてんこ

IT関連情報、プログラミングに関する作業ログや備忘録を記載していきます。

Can't find the PostgreSQL client library (libpq)

bundle install をやろうとしたらPostgreSQLの部分で引っかかった!
エラーはこれだ。

Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.0/usr/bin/ruby -r ./siteconf20150210-95873-qu3hcp.rb extconf.rb
checking for pg_config... yes
Using config values from /usr/local/bin/pg_config
checking for libpq-fe.h... yes
checking for libpq/libpq-fs.h... yes
checking for pg_config_manual.h... yes
checking for PQconnectdb() in -lpq... no
checking for PQconnectdb() in -llibpq... no
checking for PQconnectdb() in -lms/libpq... no
Can't find the PostgreSQL client library (libpq)

extconf.rb failed ***

Could not create Makefile due to some reason, probably lack of necessary
libraries and/or headers. Check the mkmf.log file for more details. You may
need configuration options.

Provided configuration options:
--with-opt-dir
--without-opt-dir
--with-opt-include
--without-opt-include=${opt-dir}/include
--with-opt-lib
--without-opt-lib=${opt-dir}/lib
--with-make-prog
--without-make-prog
--srcdir=.
--curdir
--ruby=/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.0/usr/bin/ruby
--with-pg
--without-pg
--with-pg-config
--without-pg-config
--with-pg_config
--without-pg_config
--with-pg-dir
--without-pg-dir
--with-pg-include
--without-pg-include=${pg-dir}/include
--with-pg-lib
--without-pg-lib=${pg-dir}/
--with-pqlib
--without-pqlib
--with-libpqlib
--without-libpqlib
--with-ms/libpqlib
--without-ms/libpqlib

extconf failed, exit code 1

Gem files will remain installed in /var/folders/rj/_nds95ds7_92vl12jc2nwd0c0000gn/T/bundler20150210-95873-1p01syj/pg-0.17.1/gems/pg-0.17.1 for inspection.
Results logged to /var/folders/rj/_nds95ds7_92vl12jc2nwd0c0000gn/T/bundler20150210-95873-1p01syj/pg-0.17.1/extensions/universal-darwin-14/2.0.0/pg-0.17.1/gem_make.out
An error occurred while installing pg (0.17.1), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install pg -v '0.17.1'` succeeds before bundling.

なるほど、"gem install pg"で解決かな〜って思ったけど、
今まで散々躓いたからそう簡単にはコマンド実行しないぜ!

先回りしてちょっと調べると環境変数の指定があるといいかってことで、これ実行!

$ sudo env ARCHFLAGS="-arch x86_64" gem install pg -v '0.17.1'
$ bundle install

…あれ?
話が違うじゃないか。

なのでもう少し深く潜ってみるダイブッ!(ハ○ワンダ○バー)
んで、これで解決。

$ ARCHFLAGS="-arch x86_64" bundle install

bundle installの時にも指定が必要だったのね。

Heroku:ActionMailerでメール送信できない(さくらメール)

RailsのActionMailerでメール送信!
SMTPにはさくらレンタルサーバーSMTP情報を入れてやってみました。

送信元:aaaaaa@aaaaaa.com (さくらレンタルサーバーのメール)
送信先:bbbbbb@bbbbbb.com (適当)

登録サイトみたいなのを作ってて、
Herokuにデプロイしてメール送信しようと思ったら…

Sent mail to bbbbbb@bbbbbb.com (2529.4ms)
mailsend error.:550 5.7.1 aaaaaa@aaaaaa.com>... Command rejected
/app/vendor/ruby-2.0.0/lib/ruby/2.0.0/net/smtp.rb:951:in `check_response'

(省略)

Completed 500 Internal Server Error in 3038ms
/app/vendor/bundle/ruby/2.0.0/gems/rack-1.5.2/lib/rack/sendfile.rb:112:in `call'
app/controllers/complete_controller.rb:27:in `index'
/app/vendor/bundle/ruby/2.0.0/gems/railties-4.1.8/lib/rails/engine.rb:514:in `call'

):
Net::SMTPFatalError (550 5.7.1 aaaaaa@aaaaaa.com>... Command rejected

ん〜なんだろね?
ローカルで動いたのになんじゃろー。

調べた結果、さくらレンタルサーバーの設定が原因。

国外IPアドレスフィルタ」ってのがあってそれを"無効"にすればすんなり動いた!
国外IPアドレスフィルタってのは日本国外IPアドレスからのアクセスを制限する設定らしい

国外:Heroku
国内:さくら(SMTP

HerokuでさくらSMTPを指定するときは意識しないと。

感謝サイト:
http://d.hatena.ne.jp/y_fudi/20140320/1395268800

Rails:ActionMailer機能でヘルパーを使用する

Railsでメールを送信する際、ActionMailerを使用するが
view部分でヘルパーを使用すると、、あれ?エラーだ。

ActionMailerのView内でhelperメソッドを使いたい場合は、

add_template_helper(ApplicationHelper)

を追加すればよいとのこと

class Mailer < ActionMailer::Base
  add_template_helper(ApplicationHelper)

  …(省略)

できました〜。
デフォルトで"add_template_helper"が入ってればいいのに。。

感謝サイト:
http://morizyun.github.io/blog/action-mailer-rails-mail/

Rails:gem install nokogiri ヲシタマエ(bundle installでこけた)

RailsでFB連携しようと思い、Koalaを使ってみたんですが、
bundle installでこけました。

Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

/usr/local/bin/ruby extconf.rb --use-system-libraries
checking if the C compiler accepts ... yes
Building nokogiri using system libraries.
libxml2 version 2.6.21 or later is required!

extconf.rb failed ***

Could not create Makefile due to some reason, probably lack of necessary
libraries and/or headers. Check the mkmf.log file for more details. You may
need configuration options.

Provided configuration options:
--with-opt-dir
--without-opt-dir
--with-opt-include
--without-opt-include=${opt-dir}/include
--with-opt-lib
--without-opt-lib=${opt-dir}/lib
--with-make-prog
--without-make-prog
--srcdir=.
--curdir
--ruby=/usr/local/bin/ruby
--help
--clean
--use-system-libraries
--with-zlib-dir
--without-zlib-dir
--with-zlib-include
--without-zlib-include=${zlib-dir}/include
--with-zlib-lib
--without-zlib-lib=${zlib-dir}/lib
--with-xml2-dir
--without-xml2-dir
--with-xml2-include
--without-xml2-include=${xml2-dir}/include
--with-xml2-lib
--without-xml2-lib=${xml2-dir}/lib
--with-libxml-2.0-config
--without-libxml-2.0-config
--with-pkg-config
--without-pkg-config
--with-xslt-dir
--without-xslt-dir
--with-xslt-include
--without-xslt-include=${xslt-dir}/include
--with-xslt-lib
--without-xslt-lib=${xslt-dir}/lib
--with-libxslt-config
--without-libxslt-config
--with-exslt-dir
--without-exslt-dir
--with-exslt-include
--without-exslt-include=${exslt-dir}/include
--with-exslt-lib
--without-exslt-lib=${exslt-dir}/lib
--with-libexslt-config
--without-libexslt-config

extconf failed, exit code 1

Gem files will remain installed in /tmp/bundler20150208-7910-qklcz4/nokogiri-1.6.6.2/gems/nokogiri-1.6.6.2 for inspection.
Results logged to /tmp/bundler20150208-7910-qklcz4/nokogiri-1.6.6.2/extensions/x86_64-linux/2.1.0-static/nokogiri-1.6.6.2/gem_make.out
An error occurred while installing nokogiri (1.6.6.2), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install nokogiri -v '1.6.6.2'` succeeds before bundling.

なので、大人しく

$ gem install nokogiri

をやってみると。。。ダメ。

Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing nokogiri:
ERROR: Failed to build gem native extension.

/usr/local/bin/ruby extconf.rb
checking if the C compiler accepts ... yes
Building nokogiri using packaged libraries.
checking for gzdopen() in -lz... yes
checking for iconv... yes

***********************************************************************

IMPORTANT NOTICE:

Building Nokogiri with a packaged version of libxml2-2.9.2
with the following patches applied:
- 0001-Revert-Missing-initialization-for-the-catalog-module.patch
- 0002-Fix-missing-entities-after-CVE-2014-3660-fix.patch

Team Nokogiri will keep on doing their best to provide security
updates in a timely manner, but if this is a concern for you and want
to use the system library instead; abort this installation process and
reinstall nokogiri as follows:

gem install nokogiri -- --use-system-libraries
[--with-xml2-config=/path/to/xml2-config]
[--with-xslt-config=/path/to/xslt-config]

If you are using Bundler, tell it to use the option:

bundle config build.nokogiri --use-system-libraries
bundle install

Note, however, that nokogiri is not fully compatible with arbitrary
versions of libxml2 provided by OS/package vendors.

***********************************************************************

Extracting libxml2-2.9.2.tar.gz into tmp/x86_64-unknown-linux-gnu/ports/libxml2/2.9.2... OK
Running patch with /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/nokogiri-1.6.6.2/ports/patches/libxml2/0001-Revert-Missing-initialization-for-the-catalog-module.patch...
Running 'patch' for libxml2 2.9.2... ERROR, review '/usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/nokogiri-1.6.6.2/ext/nokogiri/tmp/x86_64-unknown-linux-gnu/ports/libxml2/2.9.2/patch.log' to see what happened.

extconf.rb failed ***

Could not create Makefile due to some reason, probably lack of necessary
libraries and/or headers. Check the mkmf.log file for more details. You may
need configuration options.

Provided configuration options:
--with-opt-dir
--without-opt-dir
--with-opt-include
--without-opt-include=${opt-dir}/include
--with-opt-lib
--without-opt-lib=${opt-dir}/lib
--with-make-prog
--without-make-prog
--srcdir=.
--curdir
--ruby=/usr/local/bin/ruby
--help
--clean
--use-system-libraries
--enable-static
--disable-static
--with-zlib-dir
--without-zlib-dir
--with-zlib-include
--without-zlib-include=${zlib-dir}/include
--with-zlib-lib
--without-zlib-lib=${zlib-dir}/lib
--enable-cross-build
--disable-cross-build
/usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/mini_portile-0.6.2/lib/mini_portile.rb:279:in `block in execute': Failed to complete patch task (RuntimeError)
from /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/mini_portile-0.6.2/lib/mini_portile.rb:271:in `chdir'
from /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/mini_portile-0.6.2/lib/mini_portile.rb:271:in `execute'
from extconf.rb:311:in `block in patch'
from extconf.rb:308:in `each'
from extconf.rb:308:in `patch'
from /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/mini_portile-0.6.2/lib/mini_portile.rb:108:in `cook'
from extconf.rb:278:in `block in process_recipe'
from extconf.rb:177:in `tap'
from extconf.rb:177:in `process_recipe'
from extconf.rb:475:in `

'

extconf failed, exit code 1

Gem files will remain installed in /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/nokogiri-1.6.6.2 for inspection.
Results logged to /usr/local/lib/ruby/gems/2.1.0/extensions/x86_64-linux/2.1.0-static/nokogiri-1.6.6.2/gem_make.out

Bundler 使ってるんだったらこれやってみな!
ということなのでさらに言われた通りやってみる

$ bundle config build.nokogiri --use-system-libraries
$ bundle install

最初のエラーに戻る。。。よしちゃんと調べよう!

んで、でてきた答えはこんな感じ

$ sudo yum install libxml2-devel libxslt-devel
$ gem install nokogiri -- --use-system-libraries=true --with-xml2-include=/usr/include/libxml2/


格言:大体のことは一発でうまくいかない。

感謝サイト:
http://qiita.com/nekakoshi/items/98bcdf0137e55a0b2395

Rails:Herokuのテーブル変更

テーブルが変更になったので、migrationファイルを変更して、
ローカルみたく

$ heroku run rake db:migrate:reset

とやってサクッと終わらせるか〜っと思った矢先

Running `rake db:migrate:reset` attached to terminal... up, run.6144
FATAL: permission denied for database "postgres

テーブルに変更入れようとすると権限エラーが出てしまうようです。
Postgresqlの初期化をすれば大丈夫ということだったので、

$ heroku pg:reset HEROKU_POSTGRESQL_****

$ heroku run rake db:sessions:create
$ heroku run rake db:migrate
$ heroku run rake db:seed

これでなんとかできました。
(セッション情報をDBに持たせたかったので、rake db:sessions:createしてる)

何かしらどこかで引っかかりますな。。

感謝サイト:
http://qiita.com/quattro_4/items/a2eb3618207e21ca00d3

Wordpressの門を叩く!

今回はWordpress
Wordpressのインストールまでをご紹介。

準備

LAMP環境を作る
MAMP(Windowsの人はXAMP)をインストールする

http://www.mamp.info/en/



Wordpressを配置しよう!

本家サイトからWordpressをダウンロード

https://ja.wordpress.org/


MAMPのドキュメントルート(初期はhtdocs配下かな)にダウンロードしたWordpressを解凍する

例)/Applications/MAMP/htdocs/wordpress

そして、MAMPを起動してブラウザで"http://localhost:8888/wordpress"

おぉ、なんか出た!
これは初期情報入力画面ですね。
まだ、Wordpressを完全にインストールできたわけではありません。
(ただ置いただけでコンテンツの操作とかできないです。)


これからが本番。では、インストール作業をやってみます。

流れ

  • DBの準備
  • 設定ファイル更新
  • インストール

DBの準備

私はMAMPを入れたので、phpMyAdminからDBを作っちゃいます。
MAMPのスタートページにphpMyAdminのリンクがありますので、そこからDBを作成しましょう。
DB名:wordpress_db

設定ファイルの更新

サンプル設定ファイルがあるので、名前を変更する
wp-config-sample.php

wp-config.php

次にwp-config.phpのDB情報を設定します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress_db');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'root');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

そして、認証用ユニークキーを設定します。
wp-config.phpにコメントで書いてあるのですが、オンラインジェネレータを使って設定することが可能です。
ブラウザで下記URLにアクセスして、それを貼り付けるだけでOKです。
オンラインジェネレータ:https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

例です。これを定義の部分に上書きしましょう。

define('AUTH_KEY', '99k{%)L+pFd#w)3LI5|;>V-xP~Agp!AZULI83|-9I,gHTA@B;8w}|-E9/,,MNQ{:|C0n}#E5C=I:JCDYl!k)5={8!WM%O(NhWASf&(|lrN/IzOn^#zldJtdXr!@4@/B7Zf g29UI;tEH|F');

インストール

インストールを行います。
最初にやった、なんか出た!のページからインストール作業を行います。

http://localhost:8888/wordpress

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力してWordpressをインストールを押してください。

これで完了です。
DBにテーブルを作成したり、ユーザー情報の登録をしたりといった処理を実施してくれます。

簡単ですね。

HerokuにRailsアプリをデプロイしてみる

今回はHerokuにデプロイする方法を調べてみました。
最近、ちょっとしたサンプルWebアプリとかをお客さんに見せる機会があるので、ローカルじゃなく外から見える環境に簡単にあげたいな〜ってことが多いので。

Herokuってな〜に?
読み方は、「ヘロク」(ハーオークという説もある)
Herokuは「IaaS」「PaaS」「SaaS」でいうところの、「PaaS」のサービスに該当します。
(違いはここが分かりやすいかと:http://www.cloud-ace.jp/report/detail01/)

インスタンス(RailsではDyno:ダイノといいます)1つなら無料枠で利用できる範囲なので、
ちょっと確認したいって時にぴったりですね。
いろんな言語がすでにインストールされているので、アプリだけ作ってデプロイという流れになります。

HerokuにはRailsをデプロイするためのCLIツール(Heroku Toolbelt)とかも用意してあるので、
コマンド一発で簡単にできちゃうようですよ。

デプロイまでの流れ

  • Herokuにユーザー登録
  • HerokuToolbeltインストール
  • アプリの作成
  • コマンドを使ってデプロイ

Herokuにユーザー登録

公式サイトから Sign Up して、アカウントを作成しましょう。
必要なのはメールアドレスだけで、無料で作れます。
詳細は割愛…

HerokuToolbeltインストール

デプロイするためのCLI(CommandLineInterface)ツール、HerokuToolbeltのインストールを行います。
詳細は割愛…割愛しすぎ?!

ツールをインストールした後、herokuにログインします。
登録時のメールアドレスとパスワードが必要になります。
また、鍵が必要になるのですが、インストール時になければ作られるので問題ないでしょう。

では、ログイン。

$ heroku login

これで、heroku上のアカウント領域での操作が可能となります。

アプリの作成

ちなみにHerokuにデプロイするために必要なのは3点

  1. 依存関係ファイル(railsだったらGemfile)
  2. Procfile(heroku上で実行するコマンド群)
  3. ソースファイル

herokuはpostgresqlが無料で利用できます。
なのでpostgresqlを使ったアプリを作成します。

$ rails new sample -d postgresql

依存関係ファイル

Gemfileを編集します。

  • therubyracer有効化

(RubyからJavascriptのv8エンジンまたはlibv8エンジンを使うためのGem)

(Heroku上で動かすためのGem。ログファイルやアセットなどのHeroku用微調整を行ってくれる)

$ cd sample
$ vi Gemfile
ーーーー
gem 'therubyracer'
gem 'rails_12factor', group: :production
ーーーー

これでデプロイに必要な1つができました。

Procfile

これはherokuにデプロイしたときに実行されるファイルです。
今回はwebアプリになるのでrailsの開始コマンドを記述したファイルを作ります。

$ vi Procfile
ーーーー
web: bundle exec rails server -p $PORT
ーーーー
$PORTはherokuが勝手に設定してくれます

これでデプロイに必要な2つができました。

ソースファイル

railsのscaffold機能を使って簡単に作ってしまいましょう。

$ rails g scaffold Profile name:string age:integer

これでデプロイに必要な3つ全てができました。

コマンドを使ってデプロイ

herokuへのデプロイはgitを使って行います。
まず、gitのローカルリポジトリを作成し、コミットしましょう

$ git init
$ git add .
$ git commit -m "initial commit."

次に、heroku側にアプリ領域を作ります

$ heroku create
$ git push heroku master

これによって、heroku上にアプリ領域が作成され、gitよりデプロイされます。ちょっと時間かかります。。。
それと同時に、heroku上にリモートリポジトリが作成され、ローカルリポジトリの.gitに
herokuへの情報が追加されます。(なのでgit init後にやってください)

今回はpostgresqlを使っているので、heroku上にpostgresqlの領域も作ります。
アドオンコマンドを使って作成可能です。

$ heroku addons:add heroku-postgresql
$ heroku run rake db:migrate

どこに繋げば確認できるか忘れちゃったって方に

$ heroku apps:info

接続情報等が見れますので、内容を確認してブラウザで開いてみてください。

https://*****.herokuapp.com/profiles

はい、OK。

ちなみに修正して再度デプロイするときは、こんな感じ

$ git add .
$ git commit -m "commit comment"
$ git push heroku master

こんなことが無料でできる時代ってスゴイ。

感謝サイト:
http://www.workabroad.jp/posts/1164